アルトコインの値動きはビットコインや各国の仮想通貨規制に左右されている

仮想通貨を始める
仮想通貨の世界では、マイニングにより電力を消費して採掘報酬を得る方法もありますが、電気利用金が高い日本では最初から売買により仮想通貨を購入した方が効率が良いとされています。

中には海外にVPSサーバーを借りて、マイニングリグを作り上げる人もいます。しかし、個人でマイニング出来る範囲は限られているので、投資対象としてはマイナーな暗号通貨を狙った方が利益を得やすいです。

アルトコインの値動きは極めて激しい

為替取引や商品先物取引を経験した人から見ると、アルトコイン全体の値動きは驚くほど激しいことが分かります。

就寝時の取引価格が、朝起きると倍額に跳ね上がっいてたという例は珍しくありません。逆に半値となることもありますが、最初から値動きが激しいと理解していれば長期ホールドすることにより、リスクを最小限に抑えられます。

株式相場とも異なる点として、アルトコインには様々な種類があり、中には法定通貨と等価交換を行なうペグ通貨と呼ばれるタイプも存在することです。ペグ通貨はペアとなった法定通貨の値動きに連動するので、為替取引と大差無くなります。

仮想通貨取引の醍醐味を味わうためには、ペグ通貨以外を入手しなければなりません。

外国で行われる政府による規制からの影響を考慮する

仮想通貨の特徴として、中央管理者が存在しない独自のアルゴリズムにより仮想通貨が発行されるシステムにあります。

取引記録を世界中のコンピューターで分散記録することにより、必要な計算力を提供した報酬としてアルトコインそのものが支払われるわけです。

本来の為替相場は、法定通貨同士を需要と供給に基いて自由に交換出来るはずですが、各国の事情により実態はズレが生じています。

仮想通貨の世界では、需要と供給のバランスがそのまま価格に反映されるので、中華人民共和国や大韓民国といった自国の通貨が弱い国では、規制を始める動きが出ており、仮想通貨の価格を暴落させる引き金となりかねません。

仮想通貨取引を行なう際には、常に世界各国の動きにも注意しておくと良いです。

ビットコインとイーサリアムの値動きに注意

時価総額が最も大きなビットコインと2位のイーサリアムの取引価格は、他のアルトコイン相場に与える影響が遥かに大きいと知っておく必要があります。

大半の取引所では、ビットコインとイーサリアムを扱っているので、アルトコインを売買する際の基軸通貨として使われています。

あまりにも価値が低い草コインと呼ばれている段階では、ビットコインの価値が高すぎて直接取り引きはロスが出てしまうので、その際には別の仮想通貨を間に挟んで取引時のロスを減らす工夫が必要です。

仮想通貨の投資を行うならば、ビットコインとイーサリアムの値動きには常に注意しておかなければなりません。