仮想通貨のマイニングを極めるために

マイニング
仮想通貨のマイニングをどうすれば極められるかということで、ここでは真面目なものから突飛なものまで、色々な案を紹介したいと思います。

マイニングルームを作る

グラフィックボード(GPU)を何枚も刺したパソコンは、それらが常に100%で稼働し続けているためにヒーターというのが相応しいような熱を発生する機械となります。なので特に夏場は、パソコンに付属するファンの一枚や二枚ではとても冷却が追い付きません。

クーラーで温度を十数度まで下げた部屋を用意し、そこに置いてあげることで熱でCPUやGPUのパーツが溶けてしまうような事態を防ぎマイニング効率を維持することができるでしょう。

一台だけのために部屋を冷やすのは勿体ないので、どうせならもう一台、二台……と気づけばマイニングマシン自体もどんどん増えていくかもしれません。

電気代を下げる

GPUをフル稼働させるのに必要な電気代というのは、結構馬鹿になりません。マイニング効率を上げるためにGTX1080tiなどを複数刺しているような場合、それはドライヤーや電子レンジを一日中つけっぱなしにしているような電気を食い潰す存在となります。

電力会社を変えてみたり、家で他の目的に使う電気を減らしたり、太陽光発電パネルを導入してみたり……ありとあらゆる電気代を下げる工夫はマイニングの純利益を増やしてくれるでしょう。

中国やミャンマーの高地に引っ越す

そしてこの二つを同時に叶えてくれるパーフェクトな案もあります。

電気代のとても安い発展途上国の、極めて気温の低い高地でマイニングを行うことにより、マイニングの効率は地球上でも最高のものとなるのです。

そういった地域では業者が工場を建ててマイニング事業を行っており、日本でマイニングを行っている限り絶対に勝てないそれらが叩き出す効率とも互角に渡り合うことができます。

えっ仕事は? それはもうマイニングマスターに……すみません冗談です。しかしマイニング工場の下りは事実なので、そういった恵まれた環境の下で大規模なマイニングを行っている集団が居るということを知っておくと、対抗心が湧いて良いかもしれません。

Next PagePrevious Page
Tags