食事制限をする人は低カリウムに注意しよう

ダイエットをするときにはどんな方法で行っていますか?食事を制限する、運動をするなどいろいろな方法がありますが、食事を制限する場合、一つ注意をしてほしいことがあります。それは低カリウムになること。ここではそんな低カリウムになることをご紹介します

・食事を制限したあまりに…

著者の実体験をご紹介します。ダイエットをしようと、食事制限を始めたのはいいのですが、始めてから2か月くらいして体がだんだんとだるくなりました。ただ、だるくなるだけならまだしも、一日中体を横にしていてもつらいほど。体重が減ったから体力がなくなったのかな?と思いましたが、そのまま様子を見ていると、ある日本当に病院に行かなくてはつらいほどに。そして病院に行くと、採血の結果でカリウムの値が低くなっているといわれました。
問診でこれまでの生活習慣を聞かれ、食事を制限していること、野菜をほとんど食べていないことが原因として考えられるといわれました。低カリウムになると倦怠感が続くようになるとのこと。そのため私はそこから食生活を改めることにしました。

・ダイエットには食事のバランスが重要であることを再認識

私はとにかく急激に太った体を絞りたいという目標があったため、過度の食事制限をしたわけですが、それは逆に体重が減りにくい状態を作り出していたのです。そのため私は食生活を見直すことにしました。それまではほとんどの食事をとらず、飲み物だけという日もありました。しかしながら、野菜、たんぱく質、そして適度は糖質を摂取することを心掛けました。
始めは体重が少し増えましたが、それ以降はまた少し体重が落ち、結局ダイエットには成功。むしろ体は軽くなり、体調も戻ったせいか元気になったのでした。
この実体験から言えることは、ダイエットをするときには、食事を単に制限するだけではなく、食事のバランスを大切にすることが重要だと思いました。ダイエットで痩せてきれいになりたいのに、体を壊しては意味がありません。そのためバランスを重視した食事が、ダイエットには一番重要だと思います。

美容にはバランスも大切!人気の脱毛サロン【ストラッシュ】で格安脱毛

Next PagePrevious Page
Tags